>

リースのメリット・デメリット

リースのメリット

カーリースは新車をローンで支払うのは購入と同じですが、あくまでもレンタルという名目の契約です。その為満期になれば車を返却しても良いですし、そのまま乗り続けても問題ありません。
カーリースは定額での契約なので車の維持費が明確になり、ライフプランを立てやすいのが特徴です。また新車・中古車どちらもリース契約が出来るので、自分の収入やライフスタイルに合わせやすいです。新車リースの場合は色やグレード、オプションが選択出来るので気分的には新車を購入している様な感覚です。
しかし改造行為は厳禁で、仮に改造してしまった場合はペナルティが課せられます。リースで契約した車が気に入った場合は後々購入出来るのもリースのメリットです。

リースのデメリット

契約内容にもよりますが、リースのほとんどは距離制限がされていますのでドライブが趣味だったり、毎日長距離運転をしなければならなかったりする場合には契約不可、またはロングコースといって費用が高いものしか契約出来ない場合もあります。
リースは購入ではなく定額でレンタルしている事になるので、万が一事故にあってしまい中途解約が必要になった場合は、ある程度の資金が必要です。
満期が来て最終的に購入するとなった場合は、普通に購入するよりも高くなる事もありますのでリースとローンが同じではないと事前に理解しておく必要があります。毎月小額で車に乗れるのは一見便利ですが、契約内容を把握していないとデメリットになる可能性が高いです。


この記事をシェアする